住設ドットコムの社長ブログです。営業日はほぼ毎日更新!!

社長ブログ「感謝」

投稿日

▽月別一覧▽

永野設備工業工事部施工例集

永野設備工業では、増改築や各種リフォーム工事も承っております。

社長ブログ
スタッフブログ

社長ブログ「感謝!」

希望があふれる社会!

2016年12月15日更新

昨日、ある司法書士の先生とお会いし、お話をさせて頂きました。
この先生はちょっと変わった先生で、前向きな人を増やす活動をされております。

素晴らしいチーム

この先生は、幸せなチームとして現在約30名で活動されております。
先生が本好きという事もあり、毎月20冊は読むという本の中から、中村天風さんや斎藤一人さんなど、幸せな人生に役立つ本から抜粋し、仲間内のメルマガに毎日発信して頂いています。自分は強運であると信じる事で運が憑いてくると、私も楽しく読ませて頂いております。

人に希望を与える

先生の生涯のビジョンは、人に希望を与える事だそうです。
司法書士でありながら、希望をテーマにした、劇団の広報や集客営業など合わせてなさっておられます。昨日も希望の必要性をあつくお話いただきました。

中国の昔話

希望という事で、以前に人から教えて頂いたお話を思い出しましたのでご紹介します。
昔、中国の山奥で一件の家族が生活をしておりました。家族は父、母、子供二人の4人家族です。ある年、その地域一帯を悪天候による飢きんが襲い、食べるものが無くなったそうです。そこで父は遠くの村に食べ物を調達に行くのですが、その時、天井から一つの袋を吊るしてこう言ったそうです。
「この袋には最後の食べ物が入っている。最後の食糧なので、いざという時にみんなで分けて食べなさい!」
そうして父は出ていき、1週間以上たったある日、この家に訪問者が現れました。
訪問者は飢えに苦しむ家族に話しかけると、今までの経緯を聞きくと、すぐさま吊っている袋を降ろし、弱っている家族に食べさせようとしたそうです。すると、袋の中は砂しか入っていません。その瞬間、それを見た家族全員が息をひきとったというお話です。

この家族は、天井に吊るされた袋が、最後の希望だったのだと考えます。この希望のお陰で極限状態でも耐える事が出来ていたが、この瞬間に希望が絶望に変わり、耐える事が出来なかったのではないでしょうか。

希望は心の太陽である

私も倫理法人会で「希望は心の太陽である」と教えて頂いておりますが、まさに希望がないと人は生きる事が出来ない、希望を持つ重要性を改めて考える機会となりました。
先生の「希望を与える人になりたい」私も同感です。自分の周りに希望で満ち溢れた人がいっぱいになれば、どれだけ幸せかと考えます。

0

Profile

永野 祥司

Nagano Syouji

永野設備工業株式会社
代表取締役社長

メッセージ >

略歴
1974大阪府岸和田市生まれ
1993堺工業高等学校卒業
1993大阪市内設備会社就職
1993岸和田ローターアクトクラブ入会
2000永野設備工業創業
2000国際ロータリー2640地区
 ローターアクト地区代表を経験
2002住設.comサイトを開設
2008岸和田青年会議所入会
2014(社)岸和田青年会議所
 第56代理事長を経験
2015日本経済新聞掲載
2016リフォーム産業新聞掲載
2016IB人間力営業塾修業
2016FM人持ち人生塾出演
所属団体
岸和田商工会議所会員
岸和田商工会議所青年部会員
岸和田納税協会会員
岸和田納税協会青年部会員
岸和田ロータリークラブ会員
泉州倫理法人会会員
岸和田JCシニアクラブ会員
岸和田市シティープロモーション会員
LMP研究所幹事
主な資格
1級管工事施工管理技士
給水装置工事主任技術者
下水道排水設備工事責任技術者
ガス消費機器設置工事監督者
ガス可とう管接続工事監督者
HOME
Copyright (C) 2003- naganosetsubikougyou. All Rights Reserved.